--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- Comments

  • Name:emi
  • おはようございます、今日はいよいよフリーですね!!
    会社でワンセグで見てしまいそうです;;
    ところであたしは仮面舞踏会よりも、ラフマのプレリュードの編曲のほうが気持ち悪くてたまりません!!
    原曲の雰囲気が完全に損なわれているような気がしてならないのですが・・・(;m;)。

    シロウトなので演技の優劣は分からないですが、SPでは演技の全体的な構成(?振り付けも?)が、ヨナさんのほうが好印象を持ってしまいました。
    もちろん応援をしてるのは真央ちゃんなんですけどね;;。
    とにかくライバルがどう滑るかはおいておいて、真央ちゃんの真央ちゃんらしい演技ができるよう、応援します♪

    そして・・・azumiさんも、本番で指が動く動かないはともかく、終わったあとにっこりできるような、azumiさんらしい演奏ができるよう、祈っています(^人^)。
  • 2010/02/26 10:42 | URL 
  • Name:azumi
  • emiさん、にっこりしてきました☆
    ツェルニーはありえないくらいにゆっくりになってしまいましたが、めいいっぱい速くして転びまくるよりは、と安全策を…(と間違っていたら安全策じゃなくなってますけど)

    結果はどうであれ、ショパンはステージでこの曲を弾けたことが嬉しかったです。
    こういう機会ができるステップっていいですね!
    後は真央ちゃんやキム・ヨナ選手みたくいかに集中力を出すか、ってことですね。
    緊張を克服してそれをバネに集中力を高めるって凄いです。

    凡人には真似はできませんが、毎日少しずつそういう緊張感を持ってピアノを弾くことが大事だってアドバイザーの先生がおっしゃっていました。

    取り入れてみたいと思います!!
  • 2010/03/01 00:10 | URL 

Leave a Comment


Trackback

http://30pianist.blog88.fc2.com/tb.php/265-0f732b3e

いよいよです。

カテゴリ:diary

02/25

もうすぐ女子フィギアのフリー決戦ですね!
ショートプログラムの真央ちゃんの最後の笑顔、凄く素敵でした~
今シーズンは特にスランプに悩んでいたそうなので、オリンピックで自己最高を出せて良かったです。

オリンピック選手の、特に注目されているようなメダル候補たちのプレッシャーは私たち凡人には到底計り知れない物凄く重たいものだと思います。
真央ちゃんにしても、キム・ヨナ選手にしても、それを一身に受けて今日まで来たんだな~と思うと、2人の最高の演技を見て良い結果を出せて、とても感動しました。
明日も頑張って欲しいです

それにしても真央ちゃんの仮面舞踏会、ショートプログラム用の編曲ってかなり強引で曲の流れが崩れているような気がしませんか?
え~、このフレーズの後にこのメロディ!?ってズッコケちゃいました
キム・ヨナ選手の007はとっても滑りと曲とがあっていて、そういうのも点数の開きに関係するのかな~と思ってみたりして…。


さて、私の本番ももうすぐです。
でも弾けば弾くほど自信がなくなっていきます…
これも俗に言うプレッシャー??
楽しみよりも怖いほうが大きい

特にツェルニーが恐ろしいほどに弾けない…。指が全く廻らなくて苦しいのです。
本番を想定して慣らしをせずに弾くともう致命的

フィギアで言う基礎を確認するショートプログラムですよね。
もうこの曲でボロが出まくります。
悪いイメージしかできない

そしてフリーのショパンワルツ「別れ」
これも苦手なところをピックアップして練習中ですが、私の感覚でいうトリプルアクセル「魔の13連符
これの成功率があまりにも低い!
他は気持ちよく弾いていても、この一瞬で全てダメになるくらいにヤバイ感じです。
流れの一部分のようにサラ~と弾けるようになるには程遠い;;
なかなかアップライトのピアノでは難しいフレーズでもあります(涙)

他にもステップスケーティングのようなdolceがあったり、だんだんとクレッシェンドで盛り上がるドラマティックなフレーズがあったり、まさしくフィギアの世界

本番ではとにかく音を聴けるように集中したいものです。

肩に力が入らないように、腹筋を使って。
呼吸も意識して、吸って吐いて~

これってピアノだけじゃなくていろんなところで活躍します。

週1で通っているジムでも、マシンを使うときの呼吸法があります。
プログラムではまっている格闘技系のボクササイズでは、この呼吸と肩のリラックス、腹筋で支えることが基本です。
ボクシングって拳と肩には力が入っていないんですよ。それがあの拳の速さの秘訣らしいです。
瞬間的な力の解放は気合の掛け声でタイミング良く使えます。そのときの腹筋の軸。
足技(キックや回し蹴り)なんかもそうです。

そういうことを意識してピアノに向かっていると、たまに上手くツボにはまって上手く弾けることがあります。
まだまだこの呼吸法や体の筋肉の使い方がつかめていないので、これは今年の課題です。
ただガチガチになって弾いていたら弾けないということは経験上実証済みですが(笑)

さて、私の決戦はどうなることやら…。
でもこういうプレッシャーをこの歳で年に何回か経験できるというのは、とっても有意義で素晴らしいことですね。
それは毎回思うところがあり、ピアノが出来る環境に、先生に、家族に感謝感謝です


スポンサーサイト

2 Comments

  • Name:emi
  • おはようございます、今日はいよいよフリーですね!!
    会社でワンセグで見てしまいそうです;;
    ところであたしは仮面舞踏会よりも、ラフマのプレリュードの編曲のほうが気持ち悪くてたまりません!!
    原曲の雰囲気が完全に損なわれているような気がしてならないのですが・・・(;m;)。

    シロウトなので演技の優劣は分からないですが、SPでは演技の全体的な構成(?振り付けも?)が、ヨナさんのほうが好印象を持ってしまいました。
    もちろん応援をしてるのは真央ちゃんなんですけどね;;。
    とにかくライバルがどう滑るかはおいておいて、真央ちゃんの真央ちゃんらしい演技ができるよう、応援します♪

    そして・・・azumiさんも、本番で指が動く動かないはともかく、終わったあとにっこりできるような、azumiさんらしい演奏ができるよう、祈っています(^人^)。
  • 2010/02/26 10:42 | URL 
  • Name:azumi
  • emiさん、にっこりしてきました☆
    ツェルニーはありえないくらいにゆっくりになってしまいましたが、めいいっぱい速くして転びまくるよりは、と安全策を…(と間違っていたら安全策じゃなくなってますけど)

    結果はどうであれ、ショパンはステージでこの曲を弾けたことが嬉しかったです。
    こういう機会ができるステップっていいですね!
    後は真央ちゃんやキム・ヨナ選手みたくいかに集中力を出すか、ってことですね。
    緊張を克服してそれをバネに集中力を高めるって凄いです。

    凡人には真似はできませんが、毎日少しずつそういう緊張感を持ってピアノを弾くことが大事だってアドバイザーの先生がおっしゃっていました。

    取り入れてみたいと思います!!
  • 2010/03/01 00:10 | URL 

Leave a Comment


Trackback

http://30pianist.blog88.fc2.com/tb.php/265-0f732b3e

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カウンター

メールフォーム

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。