--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- Comments

  • Name:emi
  • レッスンお疲れさまでした^^。
    レッスンに行くと、とたんに「?!いつもより弾けない!」ってことありますありますe-263。(あたしの場合それで焦るから余計悪くなったりe-327。)

    特に、azumiさんが書いてらっしゃるように、アドバイスを受けてそれを意識すると総崩れになるってこと!あたしはほぼ100%そうなります!<何の自慢e-350
    言われた事を、その場で落ち着いて考えながら弾くって、本当に難しいことですよね~、、シミジミ。

    ツェルニー、ホントに左手の練習曲は少ないですね^^;。30番だけでなく、40番でもすごく少ないですよ。
    そうそう、おっしゃるように、モーツァルトを弾くときに、左手の弱さを実感します。今再び取り組んでいる”易しいkv.545”でも、その”易しい雰囲気””愛らしさ”は、左手ガチャガチャやっちゃうと、台無し~ですから^^;。
    左手がきっちり動いてくれてこそ、やっと「易しい曲」と言える、曲者です。

    基礎練は、体育会系ノリを含む(笑)しんどい修行ですが、でも頑張ってください!azumiさんならきっとできる♪
    1年前、2年前にやった曲を振り返って弾いてみたとき、きっとご自分の成長の跡を実感できるはず。・・・と、偉そうに言っているあたしは、まだ再開して半年ですがe-263
    でも、1年後の自分を楽しみに、頑張りたいですe-267
  • 2009/06/24 11:05 | URL 
  • Name:
  • このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2009/06/24 11:28 |  
  • Name:azumi
  • こんばんは。コメントありがとうございました!
    落ち込んだ、というか不安と焦りなのかもしれません。
    でもそれを自覚して新たな自分を見つけ出せるように頑張りたいです!
    とても胸にくるお言葉で、一気に浮上しました(^^)

    こんな特別なレッスンを受けられるということは本当にありがたいことで、ぜひ乗り越えていきたい山なのです。
    山を乗り越えた先に見える景色を発表会のステージの上から望めるよう、頑張ります。

  • 2009/06/24 22:36 | URL 
  • Name:azumi
  • あれ、順番間違えた;;

    こんばんは~!
    ヴォカリーズ、素敵でした☆
    いつかあんな曲が弾けるようになりたいな~憧れの存在です!!

    曲を弾くのって本当に基礎の総集編みたいな感じで、ハノンもツェルニーもインヴェンションもその要素の全てが繋がっている。
    いつもレッスンを受けるたびにそう思います。
    だからこそ大変な修行(!)も乗り越えたいんですよね。
    まだまだ習得しなくちゃいけないことは山のようにあって、毎日が勉強なんですけど少しずつ身に着けていけたらいいな。

    やっぱりショパンはまだ早すぎた感アリです(汗)
    でも素敵に弾けるように頑張ります~!!
  • 2009/06/24 22:41 | URL 
  • Name:
  • このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2009/06/24 23:03 |  
  • Name:azumi
  • こんばんは☆
    音域が広いとこれはもう感覚をしっかりと覚えて、ピンポイントに着地できるようにならなくちゃですよね~;;

    でも曲にとても幅が広がって素敵な曲ばかりです!
    ピアノ弾いているぞ~!って感じになります(笑)
    オクターブや内声は相変わらず苦手なんですが、練習とストレッチあるのみです!

    ワルツ、遺作なのでOpはないんですが、巷でいう17番です。
    変ホ長調の曲ですよ~
    ショパンらしくないという評判もちらほら見かけます;;
  • 2009/06/24 23:15 | URL 
  • Name:
  • このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2009/06/26 23:47 |  

Leave a Comment


Trackback

http://30pianist.blog88.fc2.com/tb.php/239-49d394b8

06/22

日曜はレッスンでした~

前回から4週間。
4週間もあったはずなのに、曲は崩れまくりです…。
唯一、インヴェンションの1番が暗譜して合格なくらいで。

その1番も家ではスイスイ~と弾いていたはずなのに、やっぱりレッスンでは固すぎて。
というか、無意識に弾いてはダメなんだな~と再認識。
先生に2つの音をよく聴かなくちゃダメだ、と自分の音をよくよく聴こうと意識を向けると、途端に今度は上手く行かない…。
全く歌えていないし、バッハの特徴も掴めていない。
音のバランス、2声の歌、音の行き先、本当にまだまだ未熟だということを再認識してしまいました…。
一応、合格は頂きましたけど…自分的には納得いかない。
でもこの先沢山のインヴェンションは残っているわけで、段々とそれらが身についていければいいかな…と思い直しました。

次は10番です。
(トリルが苦手らしいので、その練習も兼ねて…。)

ツェルニー7番は当然の不合格。
この30番では左手の練習になる曲が少ないらしく、もう少しこの伴奏の特訓をしましょうということです。
モーツァルトなど古典の曲でたっくさんこの手の伴奏は出てきます。
うう、苦手だ~!!!!一生合格できない気がしてきました…。
どうして先生のように軽やかに弾けないんだろう~~!!
練習しているとき、指や手、腕の向きとか、力の入れ具合とか、なんとなくですが微かに掴めてきそうな感じはあるんですが、掴めそうと思うとそれがフっと消えてしまう、そんな感じです。
やはり特訓は簡単ではないですね。
ドソミソを粒の揃った伴奏音にする道は遠い………。

ショパンワルツも本当に先月先生が仰ったように大崩れ!!
音は間違えているし、ペダルは汚いし、ガッチャンガッチャン土木工事のように耳障りだし、
内声の苦手な部分は無意識に抜かしているし。全て先生はお見通しです;;

和音でもどの音を大切に意識するか。そのバランスの微妙な加減で全く音質も曲の雰囲気も変わってしまう。
ただ機械的に弾くことはロボットでもできること。人間らしさ、柔軟さをそこに表現できなくてはいけない。
音を大切にすること。しっかりと聴くこと。
本当にこんな曲が弾けるのか……と今更ながらに不安になってきた…;;

このワルツはとにかく音域が広くて、普通に左右6オクターブ開くことも…。
鍵盤の飛び業がこの曲の見所聴き所(苦笑)だったりするかもしれません。
そこが派手で発表会向きだから♪と師匠に勧められたのも頷けます(笑)

これから次のレッスンまで4週間。とにかく細かく細かく丁寧に練習していこうと思っています。
ペダルも今の課題曲の中ではこの曲だけなので、とにかく慣れないと…。
どの音を残したいのか、次に繋げるのか、左右の休符もしっかりと意識する。

ああ、発表会まで1ヵ月半。
大丈夫なんでしょうか…;;;;

とにかく、先生のレッスンを1年も受けていると、何が普通で何がその域を超えているのか。
どこまで求めたらいいのか、自分がどれだけ成長できているのか、何が変わったのか。
そういうのが全く客観的にみることができません…
本当に上手くなっているのか、基礎力が上がっているのか、
全然わからなかったりして、時々非常に不安に駆られます。

でも数ヶ月もやっているオクターブの課題では、少しだけ誉めていただけました。
その倍以上にガッツリと身に着けるべき修行を頂きましたが…;;

でもその厳しい(と思う)修行は明日に繋がる基礎力なんですよね。
わかってはいるけど、本当に自信をなくします。

いやいや、kokiだって頑張っているんだ。私もやるべきことをコツコツと!!

今年の発表会は先生もいらっしゃいます!
教えていただいた成果を昇華できる演奏ができるよう、感動のステージが思い出として残せるよう、ラストスパートです!



スポンサーサイト

7 Comments

  • Name:emi
  • レッスンお疲れさまでした^^。
    レッスンに行くと、とたんに「?!いつもより弾けない!」ってことありますありますe-263。(あたしの場合それで焦るから余計悪くなったりe-327。)

    特に、azumiさんが書いてらっしゃるように、アドバイスを受けてそれを意識すると総崩れになるってこと!あたしはほぼ100%そうなります!<何の自慢e-350
    言われた事を、その場で落ち着いて考えながら弾くって、本当に難しいことですよね~、、シミジミ。

    ツェルニー、ホントに左手の練習曲は少ないですね^^;。30番だけでなく、40番でもすごく少ないですよ。
    そうそう、おっしゃるように、モーツァルトを弾くときに、左手の弱さを実感します。今再び取り組んでいる”易しいkv.545”でも、その”易しい雰囲気””愛らしさ”は、左手ガチャガチャやっちゃうと、台無し~ですから^^;。
    左手がきっちり動いてくれてこそ、やっと「易しい曲」と言える、曲者です。

    基礎練は、体育会系ノリを含む(笑)しんどい修行ですが、でも頑張ってください!azumiさんならきっとできる♪
    1年前、2年前にやった曲を振り返って弾いてみたとき、きっとご自分の成長の跡を実感できるはず。・・・と、偉そうに言っているあたしは、まだ再開して半年ですがe-263
    でも、1年後の自分を楽しみに、頑張りたいですe-267
  • 2009/06/24 11:05 | URL 
  • Name:
  • このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2009/06/24 11:28 |  
  • Name:azumi
  • こんばんは。コメントありがとうございました!
    落ち込んだ、というか不安と焦りなのかもしれません。
    でもそれを自覚して新たな自分を見つけ出せるように頑張りたいです!
    とても胸にくるお言葉で、一気に浮上しました(^^)

    こんな特別なレッスンを受けられるということは本当にありがたいことで、ぜひ乗り越えていきたい山なのです。
    山を乗り越えた先に見える景色を発表会のステージの上から望めるよう、頑張ります。

  • 2009/06/24 22:36 | URL 
  • Name:azumi
  • あれ、順番間違えた;;

    こんばんは~!
    ヴォカリーズ、素敵でした☆
    いつかあんな曲が弾けるようになりたいな~憧れの存在です!!

    曲を弾くのって本当に基礎の総集編みたいな感じで、ハノンもツェルニーもインヴェンションもその要素の全てが繋がっている。
    いつもレッスンを受けるたびにそう思います。
    だからこそ大変な修行(!)も乗り越えたいんですよね。
    まだまだ習得しなくちゃいけないことは山のようにあって、毎日が勉強なんですけど少しずつ身に着けていけたらいいな。

    やっぱりショパンはまだ早すぎた感アリです(汗)
    でも素敵に弾けるように頑張ります~!!
  • 2009/06/24 22:41 | URL 
  • Name:
  • このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2009/06/24 23:03 |  
  • Name:azumi
  • こんばんは☆
    音域が広いとこれはもう感覚をしっかりと覚えて、ピンポイントに着地できるようにならなくちゃですよね~;;

    でも曲にとても幅が広がって素敵な曲ばかりです!
    ピアノ弾いているぞ~!って感じになります(笑)
    オクターブや内声は相変わらず苦手なんですが、練習とストレッチあるのみです!

    ワルツ、遺作なのでOpはないんですが、巷でいう17番です。
    変ホ長調の曲ですよ~
    ショパンらしくないという評判もちらほら見かけます;;
  • 2009/06/24 23:15 | URL 
  • Name:
  • このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2009/06/26 23:47 |  

Leave a Comment


Trackback

http://30pianist.blog88.fc2.com/tb.php/239-49d394b8

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カウンター

メールフォーム

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。