最新diaryの記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09/29

夏休み前に譜面を配られていた合唱曲の伴奏オーディションが先週行われました。

今年は5年生。
市内の全小学校の5年生が一堂に集まり、大きな劇場で音楽祭が行われる年です。
ピアノを習っている子なら誰もが(?)憧れる合唱伴奏!
今回kokiも受けることにしました~

選曲されたのは↓の曲。「涙をこえて」



合唱曲の定番だそうです。でもyoutubeでは中学生ばかりでした。
小学生にはちょっと難しいかな…とも思います。伴奏も然り…(・・;)

オーディションには学年で11名が名乗りを上げ、夏休み後の本番を受けたのは多分6,7名だと思います。
(男の子はkoki一人!)
あまりにも難しいから途中で挫折した子もいるようです。

担任の先生たち、音楽の先生が見守る中、あみだくじで順番を決めて弾いたようです。
公平の審査のためか、先生たちはビデオカメラで撮影していたとも!

オーディションの演奏範囲はあらかじめ決められていて、結果3名が合格!
その中にkokiも入ることができて、学校から帰宅してすぐにメールで報告してきました。

2次審査は週末を経てすぐの火曜日。
次の範囲にはとても難しい転調部分のシンコペーションも入り、レッスンで先生に熱心にご指導いただきました。
最後のほうはオクターブに4和音と小学生にはなかなかハードルの高い演奏箇所となり、体が小さいkokiにはいささか大変そう!

そして2次審査当日。
ドキドキしながらkokiのメールを待っていたら、「オーディション通りました!!!!!!!!!!!!!!」のメールが!!
帰ってからよくよく聞いてみると、やっぱり女の子には少し大変な曲だったらしく、kokiの元気さ??を買われたようです(笑)
正直ほかの子がどれだけ弾けていたのかわかりませんが、やっぱりハードルが高い曲でした~

発表会の譜読みもあったので、必要最低限のオーディション範囲しか練習していなかったkoki。
来週までに完璧に弾けるように!と先生からお達しがあったようで、嬉しさもあって伴奏曲だけをずっと弾いていました(笑)
おいおい、発表会曲もしっかりと頼むよ~~

本番は11月。
それまでに練習でも伴奏を務めるらしく、みんなの歌と上手く調和できる伴奏をできるように頑張ってね!

スポンサーサイト

友好

カテゴリ:diary

09/29

7月から楽しみにしていたユンディ・リのリサイタルがこの時期になり突如中止になってしまいました…。
理由は言わずもがな…。

今回は奮発して初S席。しかもkokiと二人でプロの世界を堪能する予定だったのに。
ユンディとの出会いは12年前のショパコンです。NHKでショパコンの模様を特集で放映されていたとき。
あれから年月が経って、自分もピアノを弾くようになり、昔心を奪われたユンディを生で感じることができる!と思っていたのに、とても残念です。

あと1か月早かったらな~;;

実は先週、私は台湾に旅行に行ってきました。
日本では台湾についても反日運動を毎日報道されていますが、現地ではまったく反日感情は感じませんでした。
基本的に台湾の方は親日家が多いし、台北においては日本人の観光客によって経済が潤っている感じです。
どこへ行っても日本語が通じ、日本語のメニューや日本人向けのサービス、これが地元の市でも浸透しています。
若い子は日本語を勉強している子が多く、地下鉄で隣になった学生さんとも仲良くなりました。
大陸では危険な雰囲気ですが、台湾では日本人は大歓迎です。

難しい国同士の問題で国民同士が嫌な印象を受けたり、報道だけを鵜呑みにして彼らを毛嫌いしてしまうのは悲しいことです。
早く前のように友好的な関係が戻りますように。
そしてユンディの来日が実現しますように!!

発表会の曲

カテゴリ:diary

08/28

お久しぶりです~

最近PCの調子がイマイチでなかなか立ち上げることが出来ませんでした。

ブログをお休みしている間に夏の課題のチェルニーもほそぼそと続け、お盆辺りから12月の発表会の曲の譜読みに入りました。

私の希望で今年は…

ショパン エチュードNO.3「別れの曲」

誰もが一度は憧れる名曲ですね。
私も中学生の頃からの憧れではありましたが、中盤のくだりで一生弾けるわけがない!と雲の上の存在でした。

実際今も手の届かない曲ではありますが、義父の大好きな曲らしく常々リクエストをされていたのです。
今年は初めて(!)発表会を聴きにきてくれるとのこと。
この先こんな機会があるともわからないので、思い切って親孝行をしようかと挑戦します。

誰かの為に弾く曲というのもまた素敵なピアノの楽しみ方ですね。

先生にお伺いを立てたときには、とりあえず譜読みをしてみて、途中で曲を変える事も視野に入れておきましょうとのこと。
やっぱりまだ無謀な領域なのかもしれません…;;

とりあえず頑張っていますが、やはり中盤の和音のくだりは脳をフル活用しても弾ける自信が湧いてこない…orz
ヤバイ感じです(苦笑)

次のレッスン(9月終わり)までに何とか譜読みを終わらせようと思います。

プロを感じる

カテゴリ:diary

07/11

先週はウィンブルドンを見てしまい、すっかりと寝不足の毎日でした。

kokiとnaoは硬式テニスをしていますが、4年目のkokiはすっかりとテニスにはまっています。
ウィンブルドンも録画しておいて休みの日に飽きずに見ていました。
テニスの試合って、特に男子は長時間ですよね。
見ていた試合が事実上の決勝戦であったフェデラーとジョコビッチの準決勝戦でとても面白い試合だったのもありますが、素晴らしいプレーを見るたびに一緒に歓声を上げたり、審判判定に異を唱えるチャレンジではライン上に落ちたボールに感動していたりと楽しめたようです。

その日の午後にはいつものようにスクールに行ったkoki。
イメージが浸透していたのか、いつもより良いプレーができた!と大喜びでした。

やはりプロを感じるというのはそれだけで良いトレーニングになります。

私も先生のピアノを聴くと、それだけで音へのイメージが心に根付くし、こういうふうに弾きたい!と目標も大きく持てます。

これはとても大きなレッスンの成果だと思います。

プロを感じる。
ということで、秋にはkokiを連れてユンディ・リを聴きに行きます~♪


05/20

悲愴3楽章を始めて1カ月半。なんとか譜読みをこなして2回目のレッスンも終えました。
譜読みの時期は苦しいながらに楽しいですが、弾けば弾くほど弾けるようになってくるこの時期も楽しい!
この時期からの私の悪い癖は長い曲になると譜面をめくるのがもどかしくなってしまい、見ないで最後まで通してしまうこと…。

暗譜という点では良いことなのかもしれませんが、細かい表現まで覚えているわけではなく、強弱だったりタイだったり休符だったりと疎かになってしまいます。(実際間違えて音を覚えていてレッスンで指摘されたところも…;;)
7ページある譜面はだいたい4分割くらいでテーマがあるので、それごとに細かく練習しなくては…。
今は曲の肝だと感じている3連符を意識して練習中です。

そしてもう一つの肝である速さ。
先日のレッスンではつっかえつっかえで8分以上かかってしまいました…。
2拍の曲なのに、4拍のスピードです;;
アレグロなので本当は5分と言いたいところですが…。
今の私が無理なく弾ける速さで多分6分くらい。
ステップのエントリーは7分の枠にしようと思っています。
焦りを感じさせずに指を動かせる速さで丁寧に弾けるよう努力中!

あと残り1カ月ちょっと。後半戦突入です!

そしてこんな私に素敵なプレゼントが舞い込んできました~

私が勤務している会社は主に公共建築物の仕事をしているのですが、この春に竣工した新しい文化会館もその一つでした。
仕事でデータをまとめるため、そのHPを見ていたら素敵な募集を発見!
なんと新しく入るフルコンの弾き込みボランティア募集です!

フルコンは2台。
スタインウェイとヤマハです。
夏のオープンに向けて、新しいピアノを約1カ月半にわたり弾き込みを行います。
期間は6月末までの毎日。
ただし中学生以上でピアノを専門的に勉強している人という条件付き。

ちょうど7月の頭にステップを控えている私には天から降ってきたような話でした♪

募集がHPにUPされてから2日後に発見し、すぐに電話してみるとすでにかなり予約が埋まっているよう。
確かに県内には音高もあるし、大学もあります。
もしかしたら一般募集の前にそういう教育施設に打診していたのかもしれません。

なんとか6月の平日午前中3時間(もちろん有給)と休日の午後2時間を確保!
ヤマハとスタインウェイ、1日ずつ予約が取れました~♪

ホールではないスタジオになると思いますが、それでも無料でフルコンが長時間弾けるのは夢のような話です。
【専門的に勉強している】…条件に当てはまるかはわかりませんが、中学生でもOKならば…と図々しくも参加してきます!

こんな機会、滅多にないです。(車で1時間と遠いけど……)
新しいピアノですが、楽しんでこようと思います♪

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カウンター

メールフォーム

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。